芽傷入れ作業 3月11日


春先の雨としては大量といえるほどの雨が降りました。路面は濡れて、タイヤが滑りやすくなっていました。帰り際、末永号がスタックして動けなくなりましたが、畳表を後輪のタイヤの下にセットして難なく抜け出すことができました。

さて、芽傷入れ作業ですが、食事が終わり解散するまで完全に写真撮影を忘れていました。食事後手伝ってくれたともちゃんとピノ君の様子をご覧ください(写真1)。芽傷入れ作業は初めてのともちゃんは恐る恐る芽傷鋏を用いて作業を行っている傍ら、ピノ君は穴掘りに夢中になっていました。直径30cm、深さ30cm程度の穴なら簡単に掘ってしまいます。もし、穴掘り作業が必要になりましたら、ぜひピノ君を呼んでください。謝礼は不要です。

写真1

ブドウが水を上げ始めている状況では、草も活動を開始して農場の景色も少し色づいてきました。11月に蒔いたライ麦(写真2左)も遠くから見ると畝間だけが青々として気持ちよい景色となっています。実はこの日の朝まで、ライ麦ではなく雑草とばかり思いこんでいましたが、友人が麦ですよと教えてくれました。確かに引き抜くと根の先に麦が付いていましたので、間違いありません。雑草からライ麦へと変化したことにより、視覚的には全く同じ景色ですが、精神的には大きな違いに感じました。また、クローバーも霜で萎れていましたが、元気になり本来の色を取り戻しつつあります(写真2右)。クローバーは意外にも雑草に打ち勝ち、根を広げていきますので、景観も良くなります。草刈りの回数が減ることを期待しています。来年の春には黄色い花を一面に咲かせてみたいですね。

写真2

参加された皆様に感謝申し上げます。昼食はともちゃんの賄いで、肉じゃが、きんぴら、レンコンのひき肉挟みとねぎの煮物、ネギとわかめの味噌汁でした。
いよいよ3月25日にブドウ苗の定植を行います。午前8時半~12時半、そしてBQで盛り上がりましょう。お手伝いできる方の参加をお待ちしています。

投稿者: Tsukuba Vineyard

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です