6月23日 作業報告!


曇り空で体には優しい天気でした。第1農場のメルロー、マスカットベーリーA、甲州、富士の夢、甲斐ブラン、天恵の雫などの整枝・剪定・誘引作業を行いました。一番上の番線を超えて枝が勢いよく伸びているので、関節技よろしく、節管部で心地よく軽い音の「ぱきー」と言わせて枝を折りました。結構感触が良いので、皆さん癖になるようで、大きな剪定ハサミは不要のようでした。休憩時にはスイカを食べ、水分補給としました。

本日はいつものように写真を撮っていただいている鹿野さんが二日酔いで来られないので、私はいつも通り忘れていますので、よって作業中の写真はありません。

午前中の作業で確認していたのですが、今まで病気にはめっぽう強いと信じきっていた「富士の夢」に病気が入っておりました。ヨーロッパ系に比べると病気に強いので、防除の回数を減らしていましたが、とうとう「べと病」が入りました。翌日曜日にべと病の治療薬を購入して昨日の午後に散布いたしました。これで収まって治ってくれると良いのですが。

さて、話はかわりますが、昼食を食べていて気が付いたのですが、ブドウ犬・ピノが見当たりません。いつもならつながれているのですが、その様子もなく、雉でも追いかけているのだろうと呑気に構えていましたが、夕方になり雨が降り出しても戻ってきません。ハーネスとリードが付いたままですので、雉を追いかけやぶの中にでも入り込めば、リードが絡んで動けなくなることも考えられます。雨の中、合羽を着てピノ探しが始まりました。総勢5名で2時間探しても見つからないので、その日の捜索をあきらめて家に戻りました。日曜日も朝、昼、晩と場所を変えて探しましたが、見つからず。月曜の朝も6時過ぎから農場周囲の山の中を探しましたが、やはり見つからず。仕方がないので、県の動物指導センターに犬の逸走届を出し、つくば市にもチラシを作り掲示板にアップしてくれるよう依頼しました。これから交番に届けに行こうとした先に「黒白ぶちの犬を保護しています。2番泊まったが、帰ろうともしない」という電話があり、さっそく回収に伺い、無事に戻ってきました。

やらなければならない畑仕事はたくさんあるのですが、何とも落ち着かない3日間でした。たかが犬ですが、もはや家族の一員ですので、簡単に割り切れないものがあります。見つかったので、無事解決となりましたが、今後このようなことの無いよう注意をする必要があると反省もした次第です。

さて、7月1日午後は日曜栽培クラブと作業を同時開催します。第2農場の作業となります。7月7,8日は不在となりますので、変則スケジュールになりますこと、ご容赦ください。また、7月21日は午後から生ビール&BQパーティを行います。参加費は買い出しの品と人数にもよりますが、2000~3000円程度です。ぜひ、スケジュールしてください。

投稿者: Tsukuba Vineyard

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です