9月5日 赤仕込み開始!


筑西市の来福酒造にて、メルローを中心に天恵の雫、富士の夢、マスカットベーリーAを少量混ぜて除梗・破砕し、少量(20ppm)の酸化防止剤を添加しました。いよいよ赤ワインの仕込み開始です。メルローは例年よりも熟期が早く10日以上も早く収穫し、来福酒造の冷蔵庫(2~4度)にて貯蔵していたものです。他の赤品種は本格的な収穫はこれからですが、完熟状態のものを収穫し、メルローの足りない酸度を少しでも補おうとの考えから実施しました。昨年と同様に除梗破砕機(写真左)の赤色のホッパーにブドウを投入していきます。後ろに見える扉は滓下げに用いる冷蔵庫で-5℃程度での保管に用います。

今回のタンク(写真中央)は1000リッター用のジャケットタンク(タンクの中央部にマルイ小さな円状のくぼみ有り)です。この部屋自体は18度に空調されていますが、直接冷却水にてタンクごと冷やすという方式です。ピンクの梯子は破砕した果房とジュースを20リッターの桶で担いでタンクに投入する時に用います。

この梯子からタンク液面を覗くと(写真右)既に果房が浮いてきています。写真右のワイヤーは温度センサーです。タンク内の液中の温度もモニターしています。自分が醸造を始めると、この間の作業をすべて行わななければならないのと、今後の管理もすべて行いますので、気が休まる暇がないことになります。収穫から醸造過程への作業内容が変わっても忙しいことには変わりがありません。

さて、今週末、HPにもお手伝い募集で載せていますが、土曜日は第2農場の完熟状態の白品種を収穫します。お時間の都合が着く方は是非作業のお手伝いをお願いいたします。

 

投稿者: Tsukuba Vineyard

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です