9月8日 収穫第3弾


気温は少し高めですが、風が吹いていたので、屋外作業としては動きやすい方だったと思います。第2農場のプティマンサンのごく一部、そしてモンドブリエ、シャルドネの一斉収穫を行いました。最初に電気柵の解体を皆さんに手伝っていただきました。

これで第1農場は動きやすくなり、動線の確保が容易となりました。収穫も後半に入りましたので、ブドウを狙ってくる動物も少ないと判断しました。最初にプティマンサンの十分熟した房を先に収穫しました。

その後、モンドブリエとシャルドネをそれぞれのスタイルで収穫していただきました。

収穫したブドウはバケツにいれ、さらに軽トラのコンテナに積み替えます。

延時さん親子も奮戦しました。

暑いので、サンシェードの中で、倉庫の中で休憩です。第2農場から第1農場まで皆さん歩いての移動となりました。

後半戦も第2農場の白品種の収穫となりました。農場でとらえた虫の説明をしている小林さんの息子さん、

子供たちも何とか半日をやり過ごし、いよいよお昼タイムです。今日も賄はともちゃんで、醤油と鰹のおにぎり、漬物、鳥のから揚げ、なすの炒め物、そしてぶどうジュースの滓を水代わりにして焼いたパンなどが並びました。お昼はワイン醸造段階で出てくる梗や絞った後の皮や種などの残渣の有効利用に関して皆で議論しました。できるだけ廃棄物を出さないための知恵を見つけていきたいと思います。堆肥や蒸留酒などのアイディアもでました。

今後も収穫は続きます。次回は15日土曜日を予定しています。第1農場の赤品種(天恵、マスカットベーリーA、バルベーラ)、第1農場の富士の夢の収穫を行います。ご都合が着く方は是非お手伝いください。

投稿者: Tsukuba Vineyard

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です